「お礼デート」で誘う方法3つ

はじめに

ここでのデートの定義は「男女2人で会うこと」にしています。

お礼デートをするには相手との関係性(好意レベル)があります。

体験談に基づいて書いていますが、相手の好意レベルには触れていません。

その点を踏まえてお読み下さい。

 

頼ることで繋がる「お礼デート」

相手に何かお願いした時に、お礼として付き合ってもらう方法です。

デートが目的ではなく、お礼が目的です。

相手にその気がなければ、別の形でお礼するだけなのでリスクもありません。

例えば、僕は以前結婚式の手伝いでランチをご馳走になりました。

 

①:頼みごとをする

top167

まずは頼める関係作りが必要です。

ライトなお願いを聞いてくれる関係。

そしてお礼ができる人間関係ができます。

言葉の”ありがとう”で終わる軽いお願いから「今度お礼させて」というお願いまで。

「今度ランチ奢るね」と言える仲になるまで、信頼関係を築きましょう。

ギブアンドテイク関係が理想ですね。

「ジムの筋トレメニュー」→頼る→お礼合コン【体験談】

例えばデートでなくても、お礼として飲み会を開いてくれた話があります。

簡単な合コンのお礼ですね。

筋トレマニアな男友達の話です。

友達に女性用の筋トレメニューを作ってあげたそうです。

そのお礼として飲み会で奢ってくれたそうです。

しかも流れで合コンになったそうです(笑)

まさにギブアンドテイクな話です。

 

②:「得意分野」の頼みごとをする

top210

例えば僕の場合、結婚式の余興ムービーの制作を手伝ったことがあります。

余興ムービーって初めて作る人には大変ですよね。

写真集めに始まり、物語の構成・企画・演出・編集。

パソコンにある程度明るくないと、初歩的なことでも難しいです。

「結婚式の余興」→頼る→お礼デート【体験談】

僕は経験があったので、色々教えたり手伝ったりしました。

そのお礼としてランチや飲み会を奢ってもらいました。

形として「お礼デート」になったケースですね。

得意分野なほど、お礼度も大きくなります。

男性には必ず得意分野(好きなこと)があります。

そして極めたいのが男のサガです。

奥手男性の「得意分野」で誘い出す方法
「得意分野」を聞き出せば仲良くなれる男性には必ず「得意分野」があります。何かに精通しているもの・マニアックな知識。彼自身が得意と思ってないこと含めて。夢中に...

 

③:トラブルで助けてもらう

top146

何かトラブルが発生した時に誘う方法です。

誘うというより”頼る”ですね。

助けてもらった後にお礼デートという流れです。

「車のバッテリー」→頼る→お礼デート【体験談】

僕の場合は、”車のバッテリーが上がって動かなくなった”というトラブルがありました。

僕は仕事帰りだったのですが、夜に「車が動かなくなった、どうしよう」という電話が入ったのです。

原因はバッテリーでしたが、その人は僕が以前車を好きなことを知っていて電話したようです。

その時は誘われませんでしたが、とりあえず住まいの近くまで見送りました。(一応また車が止まった時のために)

翌日にお礼を言われて、別の日にランチをおごってもらいました。(職場が一緒の子でした)

ウソはダメ(リスクが高いです)

トラブル時にデートに誘うのは難しい方法でもあります。

仮にウソをつくと、緊迫感が伝わらずウソを見抜かれる可能性もあります。

また人は普通トラブルが発生した時に「解決しなきゃ」という思考があります。

デートに誘ってる場合じゃない気持ちです。(そりゃそうです)

なのでピンチのときに「頼りたい!」と思えるような関係を築くことが大事です。

そうすれば本当のピンチの時に、自然と彼のことが頭に浮かぶと思います。

 

まとめ

「お礼デート」の本質は、”ありがとう”の気持ちです。

デートが目的ではありません。

感謝の時間をもらえる友達以上の関係が必要です。

ピックアップ記事

奥手男性を振り向かせるコツ

受け身な男性を振り向かせるには? 奥手男子を振り向かせるコツとしては、色んなパターンがあります。 奥手男性の特徴を抑えておくと、対応…

タグ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る