下ネタを奥手男性に上手く返す方法

下ネタを返せる女性は素敵

下ネタを言える女性は素敵だなと思います。

猥談を合わせられる女性は知的さも感じます。

そのように感じる男性は多いと思います。

宮沢りえさんの言葉がまた上品です↓

ヨルタモリ。にて

tamori

”番組中盤、トークのテーマが「下ネタ」に。タモリが「なんで女性って下ネタ言わないのかね」とつぶやくと、宮沢は「いや! 言いますよ」と笑いながら否定。「私、下ネタ好き」と発言し、「だって罪がないじゃない? だれも傷つけないし」と理由を明かした。”

「私、下ネタ好き」宮沢りえの大御所に愛される”ちょっとオトナの切り返し術”が知的で素敵
いまやアジアを代表する女優の宮沢りえさん。美しくクールな見た目とは裏腹に、バラエティなどではチャーミングな姿も印象的です。演技はもちろん、女性として、人間と...

素敵なコメントですね〜。

下ネタはお互いの距離間を掴んでるからできることですもんね。

そして上品な下ネタができる人はすごい!と思う下ネタ大好き管理人です。

ここでは下ネタについて奥手男子視点でまとめています。

 

微妙な下ネタ「フェチトーク」は使える

合コンなどでも盛り上がる「フェチトーク」。

微妙なシモ加減なので様子を見るのに使えるネタだと思います。

指フェチ、二の腕フェチ、血管フェチ、匂いフェチなど。

女性ならではの女子フェチトークもあると思います。

ツボにはまればかなり盛り上がる話題だと思います。

けど、そのトークバランスが難しいのも下ネタのデメリット。

度が過ぎるとセクハラにもなるので、エスカレートし過ぎないように注意です。

 

下ネタを切り出すのは男性に任せた方が無難

リスクのある会話は男性からさせた方が良いです(笑)

女性からは積極的に下ネタをフラない方が無難です。

仲良くなれば大体の男性は喋ってきますので、その時に上手く返してあげてください。

 

下ネタを振られるのはモテてる証拠

男性は下ネタで勘違いされそうな女性には話を降りません。

下ネタを振ると言うことは、心を許していることでもあります。

奥手男性が下ネタを言う心理

奥手男性は「場を盛り上げるため」に下ネタを言うことが多いです。

反応を見るという意味もあります(距離間のとり具合として)

こういったタイプは、上手い切り返しをされたら感謝すると思います。

それで少しずつ、でも大きくその彼女を意識するようになるかもです。

僕だったらそうなります(笑)

【心理】下ネタを言う男性の心境4つ | 恋耳アワー
なぜ男性は下ネタが好きなの? 「男ってなんであんなに下ネタが好きなんでしょうね。」 と思う女性ってたくさんいると思います。 飲み会で下ネタをふられて「あぁ…めん...
下ネタを話す男性は奥手だったりする
奥手でも下ネタを話します下ネタ好きなのに奥手な男性って意外に多いんじゃないかと思います。これは管理人の周りだけでしょうか(笑)奥手関係なく、下ネタのオンパレ...

 

下ネタをうまく切り返す方法

40

例えばですが、こんな感じです↓

 

【初級レベル】

何も言わないよりは、言った方がいい普通なレベル。

飲み会などの社交的レベルです。

「まだ時間が早いですよ〜」

上司や先輩など年上の男性への対応。

「エッチな話好きだよねー」

部下や後輩など年下の男性への対応。

「最低!!」と笑顔

予想以上にエグいのがきた場合など。

軽めのシモでも使える万能言葉。

笑顔がポイントです。

あまりにエグかったら、「?」と笑顔で。

 

【中級編】

場合によってはドキッとする返し。

デートでこんなのあったら楽しそう。

「何カップなの?」→「◯◯さんは?」

エッジの効いた質問返し。

男性の返しにも期待です。

「もし○○くんが彼氏になったら、そのときに教えてあげるね』

こちらも万能返答。

どんな下ネタにも応用できます。

また彼女も、彼に気があったからのような返答。

奥手男性にはかなり効く言葉だと思います(笑)

 

【上級編】

かなり攻めてます(笑)

「最後にエッチしたのはいつ?」→「○○さん。それ、今夜更新します?」

奥手男性しどろもどろ必須(笑)

「フェチとかある?」→「秘密!分かったらつまらないでしょ?」

フェチトークでの逆質問責め(笑)

下ネタを上手くかわす方法5つ | 恋耳アワー
下ネタを上手く返すには? 飲み会や合コンなど、必ずと言っていいほど出てくる「下ネタ」。 僕も男なので気持ちはわかりますが、お酒が入る席だと、限度を超える人もチ...

ピックアップ記事

奥手男性を惚れさせる方法

腰の重い奥手男性を惚れさせるには? ここでは奥手男性を簡単に惚れさせる方法をステップにまとめています。 管理人の恋愛体験でもあります…

タグ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る