奥手な男性と手をつなぐ方法

男性が手を繋ぎたくない理由

男性が手を繋ぎたがらないのは「恥ずかしい気持ち」が大きいです。

他にも色々ありますが、心理を理解すると手を繋ぎやすくなると思います。

理由1:恥ずかしさ

奥手男性に限らずですが、「手をつなぐ」ことへの恥ずかしさです。

「人に見られてる=カップルだと思われる」という気持ち。

「カップルだと思われる」ことに抵抗があるのは「自信のなさ」もあります。

例えば顔に自信がなかったり、身長が低かったり、手を繋いだこと自体なかったり。

奥手なタイプには多いです。

理由2:嫌われることへの不安感

もう1つは、相手に触れることへの不安です。

本来好きだから自然に手を繋ぐのですが、奥手は消極的。

逆にその行為で距離が離れるとか、不安になることも。

「おれなんかが手をつないでいいんだろうか?」と言う心理もあります。

恋愛経験が少ないことから起こる誤解の偏見。

これも「自信のなさ」があらわれています。

理由3:気持ちが冷めている

恋愛感情が高まっていない状態。

友達感情がまだ強い状態かもしれません。

見分け方でわかりやすいのが独占欲や嫉妬心があるかないか。

恋愛感情がある状態で手を繋がないのは、恥ずかしさです。

好意が恋心に変わる瞬間は?恋愛感情の違い
似てるようで違う「好意」と「恋心」このページでは奥手男性が思う「好意」と「恋愛感情」の違いについて書いています。どちらも感情は”好き”ですが、芽生える感情には...

 

男女で違う?手を繋ぐ心理

42

男女によって微妙に心理が違うようです。

この違いも、手を繋ぐタイミングに影響すると思います。

男から手を繋ぐ心理

・異性としての交渉(試す気持ち)
・独占欲(自分のものにしたい)
・その後の展開(ムフフな妄想)

男性は異性として手を繋ぐことが目的。

安心を求めてというより、密着度を求める傾向です。

女から手を繋ぐ心理

・甘えたい(好意を知った上での行為)
・守って欲しい(心の支え)
・単にスキンシップ(友達のノリ)

男性として理解しづらいのが「友達のノリ」的スキンシップ。

男にとって手を繋ぐことはもっとハードルを高く感じてます。

それは目的が違うためです。

実は男性によくある勘違いでもあります。

手を繋いだからラブホへ行こうとして女性が「は?」となる理由。

これは手を繋ぐ=OKサインと安直に考えてしまうからです。

なので「手を繋ぐ=ハードル高い」と思う奥手男性が多くいるわけです、

 

シャイ男子と簡単に手をつなぐには?

41

様々な理由から奥手な男性は、手を繋ぐ可能性は低いです。

そんなシャイボーイと手をつなぐには、女性からのアクションが必要かもしれません。

 

1:女性から手を繋ぐ

女性から手を繫がられて、それを拒否する奥手男子はそうそういないと思います。

また手を握られることで「嫌われることへの不安感」はなくなります。

手を繋ぎやすい方法

・ストレートに「手をつなご」
・理由をつける「混んでるから(と手を引く)」
・何も言わずに「…(スッと手を繋ぐ))」
・手の話題「手大きいね(と手を繋ぐ)」

 

2:ハンドマッサージ

いきなり手をつなぐのに抵抗がある人は、マッサージがオススメです。

デートで座りながら話している時にできます。

ハンドマッサージでお互い慣れておくと手を繋ぎやすくなります。

ハンドマッサージの始め方

goukoku

まず「ちょっと手かして」と、おもむろに彼の手を取りマッサージを始めます。

(または「最近疲れてない?良いマッサージから手を貸して」と始めます)

そして相手の親指と人差し指の間にある「合谷(ごうこく)」というツボを押します。

ここを押すことによって肩こりや頭痛、眼精疲労に効くと言われています。

なので、凝っていたら「かなり疲れたまってるんじゃない?」と声をかけられます。

初めてスキンシップするネタ3つ
初めてボディタッチしやすい会話ネタ奥手な男性にとって初めて触れられる記憶は残るものです。記憶に残るということは良い意味でも悪い意味でもです。ガツガツ触られる...

 

まとめ

top125

他にも「手を繋ごっか?」と直接聞いてみたり。

食事を終えてのタイミングで繋ぐ方法もありますが、管理人おすすめの方法はこちら。

スキンシップしておく→女性から手をつなぐ(手の話題に触れながらでもOK)

この流れなら逃れられないはずです(笑)

ひと気のないところで試してみてだくさい^^

ピックアップ記事

奥手男性と会話を増やす方法4つ

話しかけられるキッカケを増やすコツ 相手を意識し始めると会話にぎこちなさや違和感を持つこともあります。 もし奥手男性が意識したら、話…

タグ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る