気配りが上手くなる「メタ認知」の考え方

気配り上手になる方法「メタ認知」

気配りができる人はモテますよね。

このような特徴があります↓

気配りが上手い人の特徴

・周りをよく見ている
・細かいことに気づく
・気づいたことを行動に移す
・いやらしさを感じない
・褒め方が上手い
・フォローが上手い

でもこれがなかなか難しい。。

やりすぎると”おべっか”にも見えます。

気配りのバランスもあります。

そのコツとして「メタ認知」という言葉があります。

気配りが上手な人はこの”メタ認知”能力が高いと言われています。

 

メタ認知って何?

メタ認知は自分の気持ちをコントロールする時に使われます。

メタには”高次の”という意味があります。

メタ認知が高い人ほど、相手の気持ちを考えられる人です。

メタ認知とは「客観能力」

”高い視点で認知する”という意味があります。

自分を客観的に見る能力です。

つまり自分を達観してモニタリングすること。

イメージ的には「もう一人の自分=傍観者」です。

「考える自分」を考える自分。

もう一人の自分が第三者になって、自分の感情を考えること。

第三者(自分)の意見を取り入れて考え方を整理していく能力です。

 

メタ認知能力が低い人ほど「自己中心的」

top191

「自分が他人にどう思われてるか?」

メタ認知能力が低い人は、この視点が乏しい人です。

「自分が思うことは他人もそう思う」

「自分は正しいことを言ってる」

このような思考はメタ認知されていない状態です。

「頑固」「わがまま」「自己チュー」になりやすい思考です。

 

メタ認知能力が高い人ほど客観力がある

top188

メタ認知は「人はこう思う」ということを考える能力。

つまり周りを見る観察力もあります。

観察力は気配りに必要なスキル。

周りを見る視野があるからこそ”気づき”ます。

それを実行することが気配りになります。

つまりメタ認知能力を高めるほど、気配り上手にもなります。

恋愛上手にもなる

自分を客観的に見れる気配り上手は恋愛も上手くいきます。

相手と適度な距離間を取れるのもメタ認知。

自分を見つめ直すのもメタ認知。

客観的に自分を分析することは恋愛にも役立ちます。

 

奥手男性にメタ認知する人は多い

メタ認知には「みんなどう思うだろう?」という視点が必要です。

「こうしたら人はこう思う」
「自分はこう思うけど相手はこう思うだろう」

このように考える奥手男性は多いです。

相手のことを考えすぎて奥手になってしまう人ですね。

このタイプに見られる傾向として「ゴメン」という言葉があります。

話途中に「ごめんね」は好意の表れ

自分の話をしている時に、話をくぎる人いませんか?

「あ、ごめん。しゃべりすぎちゃって」と気を使う人ですね。

これは「自分の話ばかりしちゃったな」という配慮。

つまり好意の表れでもあります。

心理学者の植木理恵先生もこの心理行動に触れています。

植木理恵のすぐに使える行動心理学

自分がバババババーと話しているときは主観的な認知。

「あれ?話すぎかしら」と客観的な視点に戻るのが「メタ認知」です。

奥手っぽい人が自分の話を遮ったら、気配りの可能性が高いです。

ピックアップ記事

奥手男性と会話を増やす方法4つ

話しかけられるキッカケを増やすコツ 相手を意識し始めると会話にぎこちなさや違和感を持つこともあります。 もし奥手男性が意識したら、話…

タグ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る