「今夜は帰さない」と奥手男性が思う瞬間3つ

奥手な男性に「今夜は帰さない」と思わせるには?

そろそろ誘ってきても良いんじゃ?と思っても中々誘ってこない男性。

お互いデートを重ねて関係を深めれば、体の関係があってもおかしくはないですが。

そこは奥手男性。

奥手です。

そんな奥手な男性に「今夜は帰さない」と思わせる行動があります。

いくつか僕も体験しています。

 

①:夕食後に「次はどこにいく?」

デートも終盤「さぁ、これからどうしよう」というタイミング。

多くの奥手男子は悶々と次のプランを考えています。

しかし、そこから一歩がなかなかでません。

できない理由は恥ずかしさや恐れなど色々あります。

結局彼女が業を煮やして「そろそろ帰る?」となるのがパターンです。

でも、もし帰りたくない場合なら「次は?」という提案をしてみてください。

「次はどこに連れてってくれるの?」とまだ帰りたくないことをアピール。

すると多分「ちょっと話そっか」と言って、2人きりになる場所を提案してくると思います。

そこで良い雰囲気になれば自然とまた「次」に行けると思います。

シャイな男性が弱い物理的「距離間」

personal1

「次はどこにいく?」と尋ねるときの距離間。

単純ですが、近い方が可能性は高いです。

パーソナルスペース」という人間心理に基づく考え方です。

明らかに誘ってる感じでも奥手には良いかもしれません。

ただ好意のレベル(関係性)があるので、そこは考える必要があります。

笑顔で相手の顔をのぞき込むような仕草に内気な男性は弱いです。間違いなく。

 

②:理由をつけて触る

例えば「私より肌キレイだね」と相手のカラダに触れる行動もありです。

キレイが理由でなくても大丈夫です。

触る理由はなんでもOKです。

「筋肉質だね〜」
「肌白いね〜」
「手相見せて〜」
「面白いマッサージあるんだけど」

ボディタッチですね。

あざといボディタッチが慊焉(けんえん)されるのは、好意が弱いからです。

奥手男性の心理では「好きならあからさまでも好き。」です。

大事なのは相手との関係性(好意レベル)です。

ちなみにハンドマッサージは使えます。

これ僕もやるんですけど、「合谷」というツボをマッサージする方法です。

ある程度仲が良い関係ならば誰にでも使えます。

飲み会ネタにも使えますし、臨機応変に使ってみてください↓

初めてスキンシップするネタ3つ
初めてボディタッチしやすい会話ネタ奥手な男性にとって初めて触れられる記憶は残るものです。記憶に残るということは良い意味でも悪い意味でもです。ガツガツ触られる...

 

③「不審者がでる」と帰宅に躊躇

何度か僕も「不審者」が理由で家まで送ったことがあります。

または警護を理由に彼女の家に行ったり(笑)

そのまま部屋デートという流れもありました。

もし一人暮らしであれば、どんどん「不審者」を使っても良いと思います。

実際不審者がいなくても、不安であることを彼に伝えればOKです。

下着泥棒や痴漢、ストーカーに変態。

変な男は必ずいます。(僕の場合は実際に彼女が住む付近で下着泥棒事件がありました)

守ってもらいたい気持ちに応えない奥手男性はそういません。

奥手男子はキッカケを欲しがっています。

「不審者」という理由をつけて、あなたを守る理由を与えてあげて下さい。

それに夜は物騒ですし、どんどん頼ってください。

ピックアップ記事

下ネタ返しの上手い女性に奥手男性は弱い

下ネタ好きな奥手男性は多い 多分多いと思います(笑) そもそも口下手な男にとって下ネタは、数少ないユーモアを発揮するお題。 男…

タグ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る