奥手男性の脈ありな会話3つ

話下手だからわかりやすい?奥手の脈あり会話

会話は、脈ありを探りやすい絶好の機会でもあります。

特に奥手男子は会話が苦手な傾向。

脈ありサインをわかりやすく探れる場合もあります。

会話での脈ありであろう傾向は3つあります。

 

1:同調意見が多くなる

例えば好きな映画、食べ物、旅行先の話題を話す時など。

「それいいよね」「オレも好きだな〜」と相手の意見に同調する会話。

このように同調が多くなる場合は、好意のある可能性が高いです。

奥手の場合、意識的にも無意識的にも相手を傷つけないようにはしています。

同調できない場合はは「へぇ〜」と聞きにまわる態度が多くなると思います。

はっきり「おれはそれ嫌い!」とか「それはダメ」とは言えない消極性も奥手男性の欠点。

良く言えば自己主張を避けるタイプです。

僕も以前そうでした。

相手のことを否定しているようでやだったんです。

でも今は「おれはダメですね〜」と意見を言うようにはしてます。

けど言う時は笑顔で(笑)

「相手を傷つけないように」というのは昔から変わらないですね。

 

2:共通点を探ろうとする

奥手に限らずかもしれませんね。

共通点なら話も弾みますし、デートに誘うきっかけにもなります。

奥手男性は女性との会話が苦手なので、何を話そう??と最初に思いがちです。

そこで話しやすい話題が、自分の共通点につながる相手の好きなことです。

もし共通点が見つからず困っているようなら、助けてあげてください(笑)

相手の好きなことを聞いてあげると会話は弾みます。

質問返しもテクニックとして使えます。

「芸能人だとどんなタイプが好き?」
「そうねぇ〜◯◯君は??」

答えが見つからない時に会話をつなげるのに良いです。

 

3:変化に気づくようになる

容姿や体調の変化など。

「最近、元気ないけど大丈夫?」と体調を気に掛けたり。

「最近、雰囲気変わったね」と容姿を気遣ったり。

変化に敏感なのは意識をしている証拠です。

しかも奥手男性にとって、声をかけるのは中々の勇気…だと思います(笑)

ここで心を掴む返答としては「うん、大丈夫」に付け加えて「気にかけてもらえて嬉しい」など感情の言葉を入れると、奥手男子はグラってくると思います(笑)

そこまでは…(汗)と言う感じならば、「ありがとう」と感謝の気持ちを入れるだけでも反応は違ってきます。

 

最後に

僕にとって”脈あり”とは恋する気持ちがある状態です。

好意が強くなる程、相手との共通点を探ろうとするし、相手の体調が悪い時は声をかけたくなります。

好意が強くなる程、相手のことを知りたくなるし、心配する気持ちも強くなります。

奥手男性はシンプルに動くことが多いです。

ダメなとこも多い奥手男子ですが、そういう素直なところは長所ではないかと思います。

好意が恋心に変わる瞬間は?恋愛感情の違い
似てるようで違う「好意」と「恋心」このページでは奥手男性が思う「好意」と「恋愛感情」の違いについて書いています。どちらも感情は”好き”ですが、芽生える感情には...

ピックアップ記事

下ネタ返しの上手い女性に奥手男性は弱い

下ネタ好きな奥手男性は多い 多分多いと思います(笑) そもそも口下手な男にとって下ネタは、数少ないユーモアを発揮するお題。 男…

タグ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る